小林聖心女子学院50年史(昭和48年10月発行)』を元に
母校のあゆみを振り返ってまいります。
懐かしく思われる方、初めてお知りになることがおありの方、
それぞれが学院に思いを馳せていただけますように。
発行冊子の原文通り掲載しておりますので、名称その他、 現在の小林聖心女子学院とは
異なる記述もございますことをお断りさせていただきます。


 
  ★小林聖心女子学院アーカイブのご案内

 
 
  [I]創立のころ 聖心会と聖心女子学院
住吉聖心の開設
丘の上の学び舎
小林へ移転
恵まれた教育

 
  [II]試練のとき 戦時体制へ
外人マザーの抑留
東洋管区修練院の設置
戦時下の学校と生徒たち

 
  [III]学制改革のもと 抑留マザーの帰校
新学制の発足
ロザリオ・ヒル バラ・ホームの建設
マザー・マイヤー帰天
制服と学校行事

 
  [IV]整備拡張のころ 運動場の拡張
新館2棟と聖堂本堂の落成
大学分校の東京移転

 
  [V]変革の時 聖心会の刷新
学院生活の変貌
はばたく”聖心の子どもたち

 
小林聖心女子学院50年史について
 
日本に聖心会を創立した オーストラリア管区長
マザー・サルモン
聖心会本部修道院 1923年当時の
ローマ総長
マザー・ド・ロー
 
 
 
TOPへ

 
     
     
inserted by FC2 system